So-net無料ブログ作成

amazonの配送料は本当に高いのか?他社と比較してみた件 [はじめてのネットショッピング]

amazonの配送料が本当に高いのかどうかを検証すべく、他社通販サイトと比較してみました。

amazon.co.jpはこれまで、全品基本配送料無料としてきましたが、2016年4月に有料化しました。

 

それからというもの、ネットでの話題にも挙がり「送料が高い」といまだに騒がれていますが、

果たして本当にそうなのでしょうか?

まずは、どういう条件で配送料が有料になるのか、無料になるのか、を確認しておきましょう。

 

amazon.co.jpで購入した商品の配送料について 

amazon.co.jpが発送する書籍・amazonギフト券については全品送料無料です。 

その他の商品は、amazon.co.jpが発送する商品の購入金額が¥2,000-以上(税込)で配送料は無料です。

ギフトラッピング費やその他のオプション手数料は、購入金額には含まれません。

購入金額が¥2,000-(税込)未満の場合は、配送料¥350-が発生します。

amazon.co.jp以外の出品者が個別に発送する商品については、別途規定の送料が発生します。
 
 
 
かんたんですが、配送料についてはこのような条件になっています。
 

これって本当に高いのでしょうか?

むしろめちゃくちゃ良心的だと思うのですが。

 

通常、 通販サイトでネットショッピングをすると、小型商品で¥500-~¥800-程度の配送料が発生します。

大型商品になると¥1,000-~¥2,000-程度です。

送料無料になる条件は、低く見積もっても購入金額が¥5,000-¥10,000(税込)以上です。

 

最近は「送料無料」と表示されているものもよく見かけますが、

合計金額で比較してみると、結局のところは元から送料を上乗せした金額で販売されています。

 

 

大手通販サイトで商品価格+配送料を比較 

以上を踏まえて、amazon.co.jp、Yahoo!ショッピング、楽天市場での価格比較を見てみましょう。

比較する商品は、過去に当ブログでご紹介した商品の中から無作為に選びました。

直感的にパッと選択した商品をYahoo!ショッピングと、楽天市場で検索してすぐに発見したものです。 

 

こちらの商品で比較します。

キレイですね。 

バスペタル.jpg 

先日ご紹介した「入浴剤 シャリテローズ バスペタル 60g」です。 

Yahoo!ショッピングで赤の出品が無かったので、紫のロマンスローズを抜擢します。

因みにamazon内でも赤は品薄のため割高です。 

 

 

amazon.co.jpの商品ページ 

amazonバスペタル.png

この商品は、amazon.co.jpが発送する商品で¥1,380-(税込)で販売されています。 

単価が¥2,000-未満ですから、これを単品購入した場合は配送料¥350-が発生します。

支払金額は、1380+350=¥1,730-(税込)です。

これを基準に見比べていきます。

 

因みに、この商品でギフトラッピングを希望する場合は、プラス¥308-で設定可能です。 

のしタイプは¥154-(税込)です。

ギフトラッピングで注文したとして、1380+350+308=¥2,038-(税込)です。

 

 

Yahoo!ショッピングの商品ページ 

yahooバスペタル.png

 Yahoo!ショッピングの最安値です。

 「在庫切れ」というのはどこでも起こることなので、目をつぶっておきましょう。

販売価格はパッと見、安い! ¥1,296-(税込)です。 

「大阪府は送料540円」という記載なので、他の都道府県への配送料詳細を探しました。 

 

yahooバスペタル送料.png

で、別のページで発見しました。 

【北海道~九州】540円 と書かれていますので、ほぼ全国一律540円ということでいいでしょう。

沖縄への配送料だけ破格的に高いです。

この記載に従って合計金額を計算すると、1296+540 =¥1,836-(税込)です。

 

送料無料の条件は、同ショップで「税込15,000円以上お買い上げの場合」です。

ギフトラッピングには対応していない旨の記載がありました。 

100円ショップなどで材料を選んでセルフで包めば、¥300-~¥500-ほどでしょうか。

プラス、時間と手間はかかります。 

 

 

楽天市場の商品ページ 

楽天バスペタル.png

楽天市場の最安値は¥1,296-(税込)です。

そして「送料別」とは書いていますが、どこにも詳細が載っていません。

「載っていませんでした」では記事を更新できないので必死に探しました。

 

ん~…、なんだか余計な視覚情報が多くて見にくいんですよ。 

ページを10mほどスクロールした最下部でやっと見つけました。

 

楽天送料.png

全国一律:756円(税込)と記載されています。

これでやっと計算できます。

 

えっと、いくらでしたっけ…。

 

そうそう、1296+756=¥2,052-(税込)です。

 

そして、配送料が無料になる条件は「合計7,000円以上ご注文いただいた場合」です。

ギフトラッピングにも対応しているようです。 

が、しかし、ラッピングサービスの詳細を確認するためには、さらにもう1クリックを求められています。

 

これは如何なることか!

10mもスクロールしたあとのもう1クリック!

 

これけっこうな労働が発生してますけど、クリックしたら報酬もらえるやつですか? 

とか思いながら、最後の力を振り絞り1クリックして開いたページがこちら。

 

楽天のページ.png

表示画面ギリギリいっぱいを切り抜きました。

縮尺の関係ですこし小さいですけど、わかりますか?

 

まだスクロールさせたいらしいんですよ。

 

このページ、さっきの空白の10mに余裕で入りますよね。

とは言え、知りたい情報は見つかりました。 

 

楽天ラッピング.png

ラッピング(税込540円)也。

「のし」つきは(税込864円)とありました。

では、ラッピングのオプションをつけて配送料込みで計算すると、1296+756+540=¥2,592-(税込)です。

 

 

まとめ 

で、最終的な結果をまとめたのがこちら。

配送料exel.png

超シンプルなエクセルですけどご勘弁を。

色つきのところが、本体価格と配送料を足した金額です。

手元に届くまでの料金ですね。

 

この価格帯でここまで差が開くのは珍しいですが、たまたまです。

探せば、Yahoo!の方が安い、楽天が一番安い、という商品もあります。

が、しかし、amazon.co.jpには多少高くてもいいかなと思える魅力がたくさんあります。

 

今回は結果的にamazon.co.jpが圧倒的に安くなりましたが、私は何も肩入れしてませんよ。 

Yahoo!ショッピンングのフォローをするなら、Tポイントが使えるのは大きなメリットです。

Tポイントは今や日本最大級のポイント制度ですから。

 

ただし、楽天市場では楽天ポイントが、amazonではamazonポイントが、それぞれ使えますし、

3社とも、自社クレジットカードのサービスを持っていますから、その辺りを比較しても横一線です。

結局どれでもいいじゃんね、って話です。

 

今回しっかりとお伝えしたいのは、amazon.co.jpの配送料は適正!むしろ安いくらいということです。

そしてもうひとつ、本体価格の表示にのせられてはいけない、ということです。

送料までしっかり確認しておかないと、合計金額では一番高いサイトで購入していた、ということも多々あります。 

 

配送料が高いような気もするけど…最終確認画面まで来てるし、これでいいや、という経験ありませんか? 

いつも大切な時間を割いて当ブログを見てくれているあなたには、本当に良い買い物をして頂きたいと思っています。

私が知る限りの範囲内ですが、有益な情報を載せていきますので、また見に来てくださいね♪

 

おかげさまで、so-netブログのショッピングカテゴリで人気急上昇ブログ第一位になりました♪

明日にはリセットされていると思いますが。 

今後とも応援宜しくお願い致します。

 

比較対象として例に挙げた入浴剤を紹介しているページです。

 

2000円以下のプレゼント|通販で買えるプチプラ雑貨入浴剤 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。