So-net無料ブログ作成

2000円以下のプレゼントを通販で買うメリットデメリット8:2 [はじめに]

2000円以下のプレゼントを通販で買うことのメリットとデメリットを考えます。

実店舗を回ってプレゼントを選ぶことの最大のメリットは「実物を見て買える」ということです。

そこさえ妥協できてしまえば、ネット通販ではさらに何倍もの恩恵を受けることができます。 

 

どんなメリットがあるのか? その割合は 8:2 です。

それぞれの良い所を使い分けて、買い物上手になりましょう。

 

 

 e-commerce-402822_640.jpg

 

ネット通販で買うときのメリット 

 

  1. 自宅にいながらにして何十件でも店(オンラインショップ)を回ることができる
  2. 膨大な数の商品の中から選ぶことができる
  3. 男性向け、女性向けの売り場に行かなくて済む
  4. 人気商品が手に入りやすい
  5. 探す時間が少なくて済む
  6. 余計な経費がかからない
  7. 荷物を持ち帰らなくてよい
  8. とりあえず安い

 

ネット通販で買うときのデメリット

 

  1. 配送料をしっかり確認しておかないと割高になるケースがある
  2. 現物を見て触れて確認できない 

 

 

1.自宅にいながらにして何十件でも店(オンラインショップ)を回ることができる

プレゼントを見て回り、気に入る商品が無ければ他の売り場へ、他の店舗へと移動しますよね? 

実店舗で買い物をして回るとなると、まる一日かけて本意気で回っても10件程度が限界です。 

 

最悪の場合、丁度良い価格帯で目にとまる商品が無く、

何も買えずに時間と体力だけ労費してしまった、ということも多々あります。

インターネットを使えば、納得のいくまで何十件でもお店を回ることができます。

 

2.膨大な数の商品の中から選ぶことができる

インターネット上の通販サイトでは、何百、何千というオンラインショップが入っており、

デパートや百貨店などの実店舗をはるかに上回る数の商品が常に並んでいます。

 

気に入るものが無い、欲しい色やサイズが並んでいなくて買えない、ということはまずあり得ません。

万が一、欲しいものが在庫切れを起こしていた場合は、すぐに他のサイトで確認することができます。 

 

3.男性向け、女性向けの売り場に行かなくて済む

これが気になる人は相当数いるんじゃないでしょうか?

異性へのプレゼントを実店舗で探す場合に起こることです。

 

女性が男性物の売り場に入るのは、まだ大丈夫ですが、

男性が女性物の売り場に入るのはなかなか勇気がいりますよね?

女性物ショップの出入り口で挙動不審な男性を見かけることは珍しくありません。

ネットショップなら、何でも見たいものをゆっくり堂々と見ることができます。

 

4.人気商品が手に入りやすい

テレビで紹介されていた「あの商品」を買いに行ったら店頭に置いていない、

または在庫切れだった、ってことはよくありますよね。 

これがインターネットなら、同じ探し回るにしても圧倒的に少ない労力で済みます。

極端に言えば、キーボードとマウスさえ動かせば見つかります。

 

先日ご紹介した地サイダー(マツコの知らない世界で放映)が良い例です。

当ブログのお飲み物カテゴリー、地サイダーが通販で買えるらしい件のページは大変人気で、

掲載していたamazon出品分も既に売り切れのようです。

 

しかし、これもすぐに他の出品を見つけたり、他のサイトで探すことが可能です。

実店舗を探して回っていては、同じようにはいきません。

 

5.探す時間が少なくて済む

お目当ての商品を見つけるまで実店舗をハシゴするには時間がかかり過ぎます。 

百貨店の人混みをかき分けて進み、エレベーターに乗るために何分も並んで、

エスカレーターでワンフロアずつ降りてくる。

お買い物が完了するまでこれの繰り返しが続きます。

 

通販サイトを行き来するにはどうしますか?

…はい、そこのあなた、正解です。

座っているだけでいいですね。

 

6.余計な経費がかからない

実店舗へ買い物に出かけるとなると、自家用車のガソリン代、駐車場代などがかかります。

あるいは、電車やバス、場合によってはタクシーに乗るかもしれません。

 

そして「せっかくここまで来たから」と、余計な買い物をして帰ったりします。

そうなると、数千円のプレゼントを買いに来たはずが、

往復して帰宅する頃には1万円以上の出費になっているかもしれません。

 

「買い物」に出かけてしまうと、テンションが上がって財布の紐がゆるみがちです。

外で見て回るのも良いですが、この点はしっかり認識しておきましょう。

 

7.荷物を持ち帰らなくてよい

やっと見つけたイケてるプレゼント。

小型商品が1点だけならそれほど気になりませんが、大型商品や複数まとめ買いした時はもう大変です。

重たい荷物をかかえて電車に乗り、汗だくになって自宅まで運びます。 

 

店舗からの配送サービスもありますが、実費負担になるケースも多く割高です。

ネット通販なら、ポチったあとは玄関に届いて完了です。

 

8.とりあえず安い

全く同じ商品があったとして、実店舗と通販サイト、どちらで買うのが安いのでしょうか?

必ずと言っていいほど通販サイトの方が安く済みます。

 

実店舗の方が安いケースは、ワゴンセールなどで山積みになっている商品や、

ゲリラ的なタイムセールで瞬間的に安く買える場合です。

 

ただし、それでもインターネット市場で売られている価格より安いというのは極稀です。

ネットショップは、店舗代、保管場所代、維持費、人件費、において

実店舗販売よりもはるかに安い経費で運営できるため、販売価格に還元できるわけです。 

 

 ipad-820272_640.jpg

 

改めて見てみると、これほどまでにメリットがあったのか、と思いますよね。

それでは逆に、デメリットは何でしょうか? 

 

配送料をしっかり確認しておかないと割高になるケースがあるということと、

あとは、現物を見て触れて確認できない、という点ですね。 

 

この2点さえクリアできれば、わざわざ時間をかけて買い物せずとも良いのです。

(それが楽しかったりもするんですけどね。)

 

配送料についてはamazonの配送料は本当に高いのか?で詳しく解説していますし、

商品選びは厳選ギフト2000円以下で通販で買えるプチプラ雑貨集めたったを参考にしてください。

 

配送料については掲載されていない通販サイトはありませんし、 

最近では、商品ページから、実際に購入された方の評価を確認できるところが多いですから、 

商品画像と合わせてしっかり確認すれば問題ありません。

 

しかし、本気で失敗できない重要なプレゼントや何万円もする高額商品など、

どうしても現物確認したいという時もありますから、

実店舗と通販サイトを上手く使い分けて、賢くお買い物したいですね♪

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。